HOME>イチオシ情報>近年仕事で必要に迫られる人が増えているもの
Do you speak English

ネットを使ったサービス

英会話というと従来教室で教師と生徒が対面して学ぶスタイルが一般的でしたが、それでは教室に赴かないといけませんし費用もかかります。そのなか近年増えているサービスがネット通信を介したもので、教師と生徒がカメラ越しでコミュニケーションを取ることができるのです。利用者はネット環境とパソコンやタブレットがあれば自宅でも利用することができます。そして、英会話の教師は決して日本に滞在しているわけではなく世界各国にいるため、時差を利用して深夜から受講することもできるので仕事を持っている社会人にも便利です。教室を開く費用が必要ではなく、物価の安い国で雇っているため費用も安く済むメリットもあります。

外国人労働者とコミュニケーション

近年、日本では外国人労働者を受け入れるようになり、世界各国から様々な外国人が日本で働くようになりました。そして、重要となるのが外国人労働者とのコミュニケーションですが、そこで便利なのが英会話です。英語は世界各国で第二母国語として使われているため、意志の疎通を図ることができます。ただしそれは雇う側の日本人も英会話をマスターしていることが前提にあり、仕事で必要に迫られて英会話教室を利用する人が増えています。

外国人観光客と接客する

外国人労働者と同じくらいに増えているのが外国人観光客で、特に観光地では外国人が目立ちます。労働者は仕事として日本語をある程度使えますが、観光客の場合はそうではありません。ほとんど、外国語で接してくるため観光地での接客業ではやはり英会話で必須条件となっています。個人で英会話教室に通う人もいますが、地域によっては行政がサポートしているところもあるほどで、最近の観光地の接客業では英会話の習得率が非常に高まっているほどです。